お問合わせ

工事情報

工事情報

工事情報

「R2鶴見川左岸栄町通四丁目耐震堤防工事」が竣工しました。

当工事は、1級河川鶴見川の左岸2.3km付近において堤防の耐震補強を行う工事でした。
液状化対策として、低変位高圧噴射撹拌工法の地盤改良により堤防の耐震化を施し、国土の強靭化を行いました。
現場は住宅地に隣接しており、工事における振動・騒音の低減と、周辺の環境保全に細心の注意を払い、地域とのコミュニケーションを大切にし、協力業者の皆様と一丸となり工事を行い、無事に竣工しました。

工事場所: 神奈川県横浜市鶴見区
工期: 2020年9月~2021年6月
発注者: 関東地方整備局 京浜河川事務所

工事概要:築堤・護岸 1式 

                  地盤改良(河川内)高圧噴射撹拌φ1.7m×63本 LDis-Dy工法  ※1

                  地盤改良(堤防上)高圧噴射撹拌φ3.5m×44本 JEP工法  ※2

     矢板工 1式 区間延長40.8m Ⅲ型 L=14.0m 102枚、Ⅲ型 L=14.0m11枚 他

※1 LDis-Dy工法とは機械的撹拌と超高圧噴射撹拌とを組み合わせた、地盤変位を 最小限に抑える排土式地盤改良工法

※2 JEP工法とは上下2段ジェット構造で、超高圧水、超高圧硬化材を噴射撹拌することで大口径、高品質な改良体を造成する地盤改良工法

「R2鶴見川左岸栄町通四丁目耐震堤防工事」が竣工しました。
河川内 施工中(Ldis-Dy工法)
「R2鶴見川左岸栄町通四丁目耐震堤防工事」が竣工しました。
堤防上 施工中(JEP工法)
「R2鶴見川左岸栄町通四丁目耐震堤防工事」が竣工しました。
施工中(全景)
「R2鶴見川左岸栄町通四丁目耐震堤防工事」が竣工しました。
施工完了