お問合わせ

工事情報

工事情報

工事情報

「伝法陸閘(左岸)他耐震対策工事」が竣工しました。

 当工事は、淀川に設置されている2箇所の「陸閘」※1 、国道2号の淀川陸閘(日本唯一である回転式陸閘)と国道43号の伝法陸閘の耐震対策工事です。
 両陸閘の施工箇所とも昼間は一般道や他工事の工事用道路として開放することが条件となっているため、ほぼ夜間での施工となりました。また、淀川陸閘部の鋼管杭打設は狭隘な現場であることから2017年2月28日に「NETIS」登録された「スーパードライバー工法」※2 を用いて施工しました。
 民家とも大変近く夜間作業でもあることから、夜間作業時の振動・騒音への配慮を特に重視して地元との積極的なコミュニケーションを実施し、近隣の皆様とは良好な関係で無事竣工することができました

工事場所: 大阪市此花区伝法3丁目~大阪市福島区海老江8丁目
工期: 2020年9月~2021年7月
発注者: 近畿地方整備局 淀川河川事務所
工事概要: 伝法陸閘(左岸) ・地盤改良工 1式 高圧噴射撹拌 19本 他
淀川陸閘(左岸) ・地盤改良工 1式 高圧噴射撹拌 3本 構造物補強工 1式
         鋼管杭φ700(L=24m)7本 他

※1 陸閘とは、堤防を切って設けられた河川への出入り口を閉鎖する門のことで、洪水の時には陸閘が閉められ堤防としての役割を果たします。

※2 森組と竹本基礎工事株式会社が共同開発した工法。  

   スーパードライバー工法 紹介ページ https://www.morigumi.co.jp/tecnology/

 

「伝法陸閘(左岸)他耐震対策工事」が竣工しました。
完成(淀川陸閘)
「伝法陸閘(左岸)他耐震対策工事」が竣工しました。
完成(伝法陸閘)
「伝法陸閘(左岸)他耐震対策工事」が竣工しました。
施工中(淀川陸閘)
「伝法陸閘(左岸)他耐震対策工事」が竣工しました。
施工中(伝法陸閘)スーパードライバー工法